Lobby

 


 

 Fからの宣伝

 「幻の東京五輪・万博 1940」発売 

 2016 / 01 / 04


 久々に恥ずかしながら…の宣伝です。

 私が以前勤めていた編集プロダクションを退職して独立したということは、本サイトをご覧になっている方ならご存知かもしれません。
 その独立第1弾として昨年、ナツメ社の「飛行機パーフェクト事典」を制作。なかなかの好評をいただきました。そこで勢いに乗って、今度は完全な自主企画による書籍を制作したのがこの本です。

 その名も「幻の東京五輪・万博 1940」

 タイトルを見ればお分かりの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は今から約75年前の1940(昭和15)年に、すでに東京オリンピックが開催されよ うとしていました。ところが同じ年には万国博覧会と札幌冬季オリンピックも開催が予定され、ビッグイベントが日本を席巻しようとしていたのです。しかし、 それらはすべて消えてなくなり「幻」となってしまいました。この本は、それらの3つのイベントについて、その全貌を再現する試みです。

 さて、その内容は…。


あの「五輪マーク」を日本で意匠登録してしまった男
五輪・万博ポスターの作者たちの錚々たる顔ぶれ
今では誰も知らない失われたボススレー・コース
ナチスドイツから日本に派遣されたナゾの人物の正体
レコード会社各社競作のイメージソング「万博行進曲」
夢と消えた「日光オリンピック」にご招待
東京国際映画祭のルーツは1940年の映画祭計画にあり
万博メインパビリオン設計者は田中角栄「目白御殿」をデザインした?
五輪・万博が中止に追い込まれた知られざる理由
万博で唯一建設された施設は東京大空襲の戦火に消えた


…といった多彩なもの。目次の章タイトルや見出しは以下の通りです。

 

プロローグ:2013年、ブエノスアイレス

第1章 祭典前夜
 1・懸案だった万国博覧会開催
 2・オリンピック・万博の「ワンセット」化
 3・そのころ日本は、そして世界は

第2章 第12回オリンピック競技大会・東京
 1・東京有頂天時代
 2・オリンピック会場が決まらない
 3・建築界を代表する才能が結集
 4・空転したのは競技場だけではなかった

第3章 第5回オリンピック冬季競技大会・札幌
 1・北国歓喜に燃ゆ
 2・雪と氷の祭典がいよいよ始動

第4章 紀元二千六百年記念日本万国博覧会
 1・念願の万博計画いよいよ始動
 2・万博会場にご案内
 3・万博を取り巻く注目の施設

第5章 世界が祭典を待っている
 1・日本へ、日本へと草木もなびく
 2・受け入れ体制は万全か?
 3・もうひとつの祭典都市・YOKOHAMA

第6章 祭典はチャンスだ
 1・巷を騒がす五輪マーク狂想曲
 2・五輪・万博PR大作戦
 3・テレビ五輪時代の幕を開けろ

第7章 歌い奏でる祭典
 1・聴けや歌え『万博行進曲』
 2・五輪・万博ショータイム
 3・五輪音楽会への招待状

第8章 祭典のアート・ギャラリー
 1・東京五輪マーク・ポスター始末記
 2・万博を取り巻く美術家たち
 3・北海道アートシーンに衝撃

第9章 祭典を呼ぶ祭典
 1・「オリムピック博覧会」へようこそ
 2・五輪と万博あるところイベントあり

第10章 「幻」の五輪、もし戦わば
 1・夢で終わった新競技
 2・かくあり得た五輪日本代表

第11章 暗転する祭典
 1・何が五輪・万博の足を引っ張ったのか?
 2・敵は我が方にあり
 3・万博がとどめを刺した可能性

第12章 祭典の痕跡
 1・祭りが消えた後で
 2・オリンピックの遺構
 3・万博会場顛末記

エピローグ:祭典の「遺産」


 

 これら3つのイベントについて語った本は過去もありましたが、本書ではこの巨大イベントに関わった政治家、外交官のほか、建築家、美術家、デザイナー、音楽家、科学者、アスリートなど、さまざまな分野の人々の人間模様を紹介しています。

 そして何よりも350点を超える数の貴重な画像を使って、目で見て分かるリアルな本になっているのが特徴。実はこれらの入手や掲載許諾を得るために長い制作期間がかかりました。
 実際には構想段階から数えるとほぼ10年という大作になってしまいましたが、2020年の東京オリンピック開催決定という追い風も吹き、このたび出版の運びとなった次第です。この企画に乗ってくださった原書房さんにも感謝。

 正直言うと結構高い本なので「買っていただきたい!」とはなかなか言えないところ(笑)。図書館で済ませるという方には無理にとは申しません。私もこの値段を 聞いた時には正直ビビりましたが、それでもお金を払った方には絶対損をさせない内容と自負しています。それは、中をめくっていただければお分かりいただけるはずです。ともかく、せめて店頭でチラ見したり口コミなどで、景気 づけしていただければ幸いです。

 

「幻の東京五輪・万博 1940」

原書房発行・定価3500円+税

ISBN978-4-562-05273-8

発売予定日 2016年1月8日

 

 

 

 

  

  Lobby

  

   

 HOME